北海道斜里町の住基ネット関連情報などが流出、役場職員の個人PCがWinnyウイルス感染で | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

北海道斜里町の住基ネット関連情報などが流出、役場職員の個人PCがWinnyウイルス感染で

製品・サービス・業界動向 業界動向

北海道斜里町の住基ネット関連情報などがネットワーク上に流出していることが3月29日までに明らかになった。流出していた情報は、役場の専用PCから住基ネットシステムに接続するための庁内用パスワードや操作マニュアル、水道料金や町税滞納者などの個人情報数十件ほか、1,624ファイル。

これらの情報は、同役場の職員が自宅で作業するために持ち帰り、個人用PCに保存されていたもの。このPCがWinnyウイルスに感染し、ネットワーク上に流出した。斜里町では、パスワードなどはすぐに変更したほか、流出したデータの不正利用は確認されていないとしている。

北海道斜里郡斜里町
http://www.town.shari.hokkaido.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×