VISAカードを騙る日本語フィッシングメールとサイトが確認される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

VISAカードを騙る日本語フィッシングメールとサイトが確認される

製品・サービス・業界動向 業界動向

フィッシング対策協議会は3月28日、VISAカードを騙る日本語フィッシングメールとサイトが確認されたと発表、注意を呼びかけている。フィッシングメールは題名が「Verified by Visa」、送信者が「enroll@visa-jp.com」となっており、日本語の内容で「ご利用のクレジットカードは自動的にVISA認証サービス(VERIFIED by VISA)プログラムに登録されました。」と書かれている。

また、「 http://www.visa-jp.com/verified/ 」にアクセスして手続きを行わないと、カードが一時的に使えなくなるとしている。ただし、このサイトは現在アクセス不能になっている。ちなみに正しいアドレスは「 http://www.visa .co.jp/verified/index.jsp」。

フィッシング対策協議会:VISAカードをかたる日本語フィッシングメールとサイト
http://www.antiphishing.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×