JNSA、メールの誤送信によりセミナー参加者のアドレスが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

JNSA、メールの誤送信によりセミナー参加者のアドレスが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

JNSA(NPO 日本ネットワークセキュリティ協会)は3月16日、同日に開催された「第8回JNSA西日本支部主催セキュリティセミナー」の参加者のメールアドレスリストが、メールの誤送信によりセミナー参加者全員に送信されたと発表した。流出したのは参加者のメールアドレス110件が記載されたExcelファイル。

発表によると、3月15日にセミナー参加者のメールアドレスを抽出した作業ファイルを作成し、このファイルを元にアドレスをBCC設定して案内メールを送信したところ、手違いによって作業ファイルを添付してしまったという。同協会では、3月16日のセミナー当日、開始冒頭で下村事務局長よりお詫びと経過説明を行い、連絡窓口も設置した。

JNSA:メールアドレス情報の流出に関するお詫び
http://www.jnsa.org/note_060316.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×