Winnyの強制終了が可能な「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表(ハンモック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

Winnyの強制終了が可能な「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表(ハンモック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ハンモックは3月16日、ファイル共有ソフト「Winny」による情報流出を防止する「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表した。本ソリューションは、同社が開発したPCライフサイクル管理ツール「Asset View HYPER シリーズ」をベースに、クライアントPCにおけるWinnyの有無を確認、削除できるもの。

本ソリューションでは、Winnyを検出して使用者に対して警告メッセージを送信したり、どのPCのどの場所でWinnyが稼働しているかを検出、監視できるほか、Winnyが稼働しているPCをリモートコントロールしてWinnyを強制終了できる。価格はクライアント数によって異なるが、50〜99クライアントでの参考価格は5,850円からとなっている。

http://www.hammock.jp/company/release/024.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×