官公庁、自治体等を対象に、個人情報スキャナー「P-Pointer」に自宅PC用ライセンスを無償付与する期間限定プログラムを発表(KLab セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

官公庁、自治体等を対象に、個人情報スキャナー「P-Pointer」に自宅PC用ライセンスを無償付与する期間限定プログラムを発表(KLab セキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

KLab セキュリティ株式会社は、官公庁、自治体等を対象に、PC内の個人情報を含むファイルを探し出す個人情報スキャナー「P-Pointer 3.0」の提供メニューに、通常ライセンス契約と同数の「自宅PC用ライセンス」を無償付与する「ガバメントライセンス ホームユース付」を期間限定で追加すると発表した。同製品は、PC内の「どこに」「どのような」個人情報が「いくつ」あるのかなど、個人情報の現状を把握し、整理することにより、セキュリティポリシーの確実な運用を実現する製品。従来、ライセンスは、組織や企業ネットワークに接続している従業員PC向けとして提供してきたが、最近の自宅・個人PCからの情報漏洩事故の多発を鑑み、今回、新たに「ガバメントライセンス ホームユース付」の追加提供を開始する。本ライセンスの追加により、組織の従業員は、自宅・個人PC利用時にも個人情報ファイルのスキャンが可能となり、個人情報を含むファイルの削除を忘れていたり、怠っていたことによる個人・自宅PCからの情報漏洩を容易に防止することが可能となる。対象は官公庁、自治体、及び非営利団体の新規契約で、期間は3月15日〜9月29日。ライセンス価格は、管理サーバが315,000円、クライアントが525,000円(100ユーザー)〜。

http://www.klabsecurity.com/news/press/2006/0302-0.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×