トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は3月6日、2月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、2月のウイルス感染被害の総報告数は6,188件で、先月の7,593件から千件以上の減少となった。感染被害件数はスパイウェア「SPYW_GATOR」が283件で引き続き1位となった。2位には95件で「ADW_WEBSEARCH」、3位には80件で「ADW_SHOPNAV」と、トップ3は先月と変わらず、スパイウェアやアドウェアが上位を占めたことも先月と同様であった。

ワーム型では、2種類のBOTに報告が集まった。従来、ワームは大量に電子メールを送信するマスメール型が代表だったが、今回報告が集まったBOTはマスメール活動を行わない。一昨年は「WORM_NETSKY」などが世界的な流行を引き起こしたが、現在ではマスメール活動を狙う新種の登場は減少傾向にある。トレンドマイクロでは、マスメール活動による大規模感染の可能性は今後も低くなっていくとみている。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2006年2月度
http://www.trendmicro.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×