公開直後のトラブル「日本ブログ協会」サイトに個人情報漏洩の脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

公開直後のトラブル「日本ブログ協会」サイトに個人情報漏洩の脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

財団法人マルチメディア振興センターが「日本ブログ協会」設立と同時に起ち上げたサイトにおいて脆弱性が発見されたとして、同協会は会員申込の受付を一時中断したと発表した。これは2月28日、同サイトの会員登録フォームにセキュリティ面での脆弱性があるとの指摘を受け、確認を行ったところ申込を行った個人情報が外部から閲覧可能な状態にあったというもの。

現在では、メールによる会員登録受付という形で再開しており、登録フォームに関しては、脆弱性の修正を行いセキュリティの確認中としている。なお、アクセス履歴ファイルの解析作業を行った結果、個人情報の漏洩はなかったとしている。

同協会のサイトは2月28日に開設したばかり。サイト公開直後に基本的なセキュリティチェックを怠ったためのトラブルが発生したことは、運営姿勢を問われかねない。

「日本ブログ協会」サイトでの会員申込の一時中断について
http://www.fmmc.or.jp/japan-blog/info/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×