Winnyウイルス感染で富士宮信用金庫の手形決済処理データが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

Winnyウイルス感染で富士宮信用金庫の手形決済処理データが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本電気株式会社およびNECソフト株式会社は3月2日、富士宮信用金庫の手形決済処理に関するデータがネット上に流出していたことが判明したと発表した。流出した手形決済情報は、2003年10月時点の13,619名(法人・個人)に関わる名称、金融機関コード、支店コード、口座番号、手形金額。

発表によると、NECグループ(日本電気株式会社およびNECソフト株式会社)の協力会社の社員が富士宮信用金庫の手形決済処理に関するデータをNECソフトから無断で持ち出し、自宅の個人使用PCに保存していたところ、このPCがWinnyウイルスに感染し、同情報が流出した。なお、流出した情報のみでは資金移動ができないため、今後被害が発生する可能性は低いとしている。


お客様情報の流出について
http://www.nec.co.jp/press/ja/0603/0205.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×