海上自衛隊の極秘書類、幹部を含む5名の個人PCからも流出が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

海上自衛隊の極秘書類、幹部を含む5名の個人PCからも流出が判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

 海上自衛隊の極秘書類がネット上に流出した問題で、さらに複数の隊員などの個人PCからも情報が流出していたことが2月28日までに明らかになった。新たに判明したのは、3等海尉や輸送艦の3等海曹、陸上通信員など5名。この5名は、海上自衛隊の情報を自宅に持ち帰り、個人用PCに記録させていた。

 これら個人用のPCがWinnyウイルスに感染し、同情報がネットワーク上に流出した。流出した情報には「秘」とされる情報も含まれており、護衛艦と基地間などで行われる「秘電報」や「コールサイン」のほか、個人情報も含まれていたという。

防衛庁・自衛隊
http://www.jda.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×