NTT東日本、業務委託先が電話帳配達車盗難により顧客情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

NTT東日本、業務委託先が電話帳配達車盗難により顧客情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は2月28日、同社の業務委託を受けたエヌ・ティ・ティ番号情報株式会社において、電話帳の配達車内に置いていた電話帳の配達先顧客情報が入った携帯端末および配達先顧客情報リストが配達車両とともに盗難に遭うという事態が発生したと発表した。これは、2月27日に東京都墨田区立川付近で発生した。

 盗難により紛失した顧客情報は260件で、このうち個人の顧客は189ユーザ、企業の顧客は71ユーザ。顧客情報には顧客氏名、住所、配達冊数が含まれていた。同社では警察に被害届けを提出するとともに、該当する顧客に個別にお詫びと事情説明を行っている。

NTT東日本:電話帳配達車盗難によるお客様情報の流失に関するお詫びとお知らせ
http://www.ntt-east.co.jp/release/0602/060228c.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×