異機種混在環境においても導入可能なD2Dバックアップソリューションを発表(日本ネットワーク・アプライアンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

異機種混在環境においても導入可能なD2Dバックアップソリューションを発表(日本ネットワーク・アプライアンス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(ネットアップ)は、異機種混在環境においても少ない負荷でD2D(Disk-to-Disk)バックアップ環境の提供を可能にする、D2Dバックアップソリューション「NearStore VTL」を発表した。

同ソリューションは、異機種が混在したストレージ環境やテープライブラリ環境においても、それら既存のバックアップ環境を変更することなく、最小の変更負荷で最大の総コスト削減効果を提供できる仮想テープライブラリ製品。
バックアップ負荷の変化によって自動的にリバランシングを行う「パフォーマンス自己最適化機能」や、仮想テープのサイズの圧縮を予測し、物理テープを最大限に活用できる「テープ使用効率最適化機能」等を搭載。
また、ストレージセキュリティアプライアンス「Decru DataFort(デクルー・データフォート)」との連携により、データ暗号化およびキー管理が可能なセキュアVTLソリューションを実現可能。対応ディスク容量は4.5テラバイトから最大168テラバイトまで。価格は2,200万円(標準構成)〜。「Decru DataFort E-Series 3.0」は400万円(最小構成)〜。

http://www-jp.netapp.com/news/press/2006/news_rel_20060216.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×