Winnyの通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始(インターネット セキュリティ システムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Winnyの通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始(インターネット セキュリティ システムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)は、P2Pのファイル共有アプリケーション「Winny(ウィニー)」の通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始した。シグネチャ名称は「Winny_P2P_Detected」。

同シグネチャを適用することで、Winny使用を即座に検知し、利用者に警告を発することが可能。これにより、不用意な情報流出を防止できる。
対象製品は、同社のIPSアプライアンス「Proventia Gシリーズ」、統合セキュリティアプライアンス「Proventia Mシリーズ」、ホスト型IPS/監査ソフトウェア「RealSecure Server Sensor」、及びデスクトップ型IPSソフトウェア「RealSecure Desktop Protector」等。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press06/winny_021706.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×