Winnyの通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始(インターネット セキュリティ システムズ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

Winnyの通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始(インターネット セキュリティ システムズ)

インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)は、P2Pのファイル共有アプリケーション「Winny(ウィニー)」の通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始した。シグネチャ名称は「Winny_P2P_Detected」。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)は、P2Pのファイル共有アプリケーション「Winny(ウィニー)」の通信を検知できるアップデートファイルの配布を開始した。シグネチャ名称は「Winny_P2P_Detected」。

同シグネチャを適用することで、Winny使用を即座に検知し、利用者に警告を発することが可能。これにより、不用意な情報流出を防止できる。
対象製品は、同社のIPSアプライアンス「Proventia Gシリーズ」、統合セキュリティアプライアンス「Proventia Mシリーズ」、ホスト型IPS/監査ソフトウェア「RealSecure Server Sensor」、及びデスクトップ型IPSソフトウェア「RealSecure Desktop Protector」等。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press06/winny_021706.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×