アメリカンエクスプレス子会社から約23万件の情報漏洩 | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

アメリカンエクスプレス子会社から約23万件の情報漏洩

1月25日、アメリカンエクスプレスの子会社で、投資顧問業を行うAmeriprise Financeで、従業員が使用していた会社のラップトップコンピュータが盗難に遭い、顧客15万8000人とアドバイザー6万8000人、合計で23万件近くの情報が漏洩した可能性があると発表した。

国際 海外情報
1月25日、アメリカンエクスプレスの子会社で、投資顧問業を行うAmeriprise Financeで、従業員が使用していた会社のラップトップコンピュータが盗難に遭い、顧客15万8000人とアドバイザー6万8000人、合計で23万件近くの情報が漏洩した可能性があると発表した。

Ameriprise Financeによると、従業員の1人が、駐車した車内にラップトップコンピュータを残していたところ、盗難に遭ったもようだ。車には鍵をかけていた。捜査中であることから、正確にどこで事件が起きたかについては明らかにされていない。

発表は25日だが、実際に事件があったのは12月下旬のもようだ。コンピュータに入っていた情報は、顧客の氏名とAmeripriseのID番号で、社会保険番号についてはアドバイザーのものは入っていたが、顧客については無事だったとしている。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×