アメリカンエクスプレス子会社から約23万件の情報漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

アメリカンエクスプレス子会社から約23万件の情報漏洩

1月25日、アメリカンエクスプレスの子会社で、投資顧問業を行うAmeriprise Financeで、従業員が使用していた会社のラップトップコンピュータが盗難に遭い、顧客15万8000人とアドバイザー6万8000人、合計で23万件近くの情報が漏洩した可能性があると発表した。

国際 海外情報
1月25日、アメリカンエクスプレスの子会社で、投資顧問業を行うAmeriprise Financeで、従業員が使用していた会社のラップトップコンピュータが盗難に遭い、顧客15万8000人とアドバイザー6万8000人、合計で23万件近くの情報が漏洩した可能性があると発表した。

Ameriprise Financeによると、従業員の1人が、駐車した車内にラップトップコンピュータを残していたところ、盗難に遭ったもようだ。車には鍵をかけていた。捜査中であることから、正確にどこで事件が起きたかについては明らかにされていない。

発表は25日だが、実際に事件があったのは12月下旬のもようだ。コンピュータに入っていた情報は、顧客の氏名とAmeripriseのID番号で、社会保険番号についてはアドバイザーのものは入っていたが、顧客については無事だったとしている。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×