1万件以上の受刑者や被告の個人情報が流出、Winnyウイルス感染が原因か | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

1万件以上の受刑者や被告の個人情報が流出、Winnyウイルス感染が原因か

法務省は2月13日、刑務所や拘置所に収容されている受刑者や被告の個人情報1万件以上がインターネット上に流出していることが確認されたとして、調査を開始した。内閣官房情報セキュリティセンターからの連絡によって判明したという。

製品・サービス・業界動向 業界動向
法務省は2月13日、刑務所や拘置所に収容されている受刑者や被告の個人情報1万件以上がインターネット上に流出していることが確認されたとして、調査を開始した。内閣官房情報セキュリティセンターからの連絡によって判明したという。

流出した個人情報は、滋賀刑務所や福岡拘置所など、複数の刑事施設に収容されている1万人以上の受刑者や被告の氏名や住所など。また、このほか施設内での規律違反行為の報告書なども含まれているほか、刑務所の業務上の内部文書も流出しているという。原因は、京都刑務所の刑務官が勉強のためにこれらのデータを自宅に持ち帰っており、自宅PCがWinnyウイルスに感染したために流出した可能性が高いとしている。

法務省
http://www.moj.go.jp/main.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×