各務原市、Winnyウイルス感染による個人情報流出で4名を停職や減給処分 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

各務原市、Winnyウイルス感染による個人情報流出で4名を停職や減給処分

製品・サービス・業界動向 業界動向

各務原市は2月8日、同市東消防署の男性職員(48歳)および消防長など監督責任者4人に懲戒処分を行ったと発表した。この男性職員が職員名簿などのデータを持ち帰り、自宅PCに保存したところ、Winnyウイルス感染によって同情報がネットワーク上に流出したというもの。

流出した情報は、市消防職員を含む2004年度の市職員名簿や市議、消防団員名簿など1,300人分の内部情報および火災原因調査関係の書類などで、後者には出火場所の住所や所有者名、発見者の住所、氏名など2,309人分の外部情報が含まれていた。情報の流出は総務省から県を通じて指摘があったという。

同市はこの男性職員を1ヶ月の停職、監督責任者を3ヶ月の減給(1/10)処分とした。

岐阜県各務原市
http://www.city.kakamigahara.gifu.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×