「はてなツールバー」にURL情報などを盗聴される問題を公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

「はてなツールバー」にURL情報などを盗聴される問題を公開(IPA)

IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター)は2月1日、「『はてなツールバー』における URL 情報送信に関する問題」の情報を公開した。これは、はてなツールバーの利用者がSSLで保護されたウェブページを閲覧した際に、そのURL情報を暗号化せずに、

製品・サービス・業界動向 業界動向
IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター)は2月1日、「『はてなツールバー』における URL 情報送信に関する問題」の情報を公開した。これは、はてなツールバーの利用者がSSLで保護されたウェブページを閲覧した際に、そのURL情報を暗号化せずに、はてなサーバに送信していることが原因とする問題。

「はてなツールバー」は、「はてな」が提供するダイアリーなどのサービスを活用しやすくするための、Internet Explorer 用のソフトウェア。この問題が悪用されると、セッションIDなど保護するべき情報が盗聴される可能性があり、その結果、セッションハイジャックを受ける可能性がある。なお、この問題を修正した新バージョンが公開されている。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2005/JVN_77886599_hatena.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×