ジャパンネット銀行がすべてのネット決済に「RSA SecurID」を導入約130万人の口座保有者全員にトークン配布(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

ジャパンネット銀行がすべてのネット決済に「RSA SecurID」を導入約130万人の口座保有者全員にトークン配布(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は、ジャパンネット銀行が一部休眠口座を除いた約130万人の口座保有者全員に対し、「RSA SecurIDトークン」によるワンタイム・パスワード認証の導入を決定したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は、ジャパンネット銀行が一部休眠口座を除いた約130万人の口座保有者全員に対し、「RSA SecurIDトークン」によるワンタイム・パスワード認証の導入を決定したと発表した。

5月ごろより順次ユーザーにトークンを配布し、9月からすべてのネット決済をトークン形式のワンタイムパスワードによる認証に統一する。インターネット専業銀行での採用は日本初、口座保有者全員への配布は世界初となる。RSA SecurIDは、1分間に1回変わる6桁の数字と個人の暗証番号を併用する二要素認証が特徴で、発行パスワードは1分後には無効になるため、パスワード盗難による不正行為や犯罪への高い防止効果が認められている。
また、PCや携帯電話、テレホンバンキング等、利用シーンを問わないという点でユーザービリティやアクセシビリティも高い。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200601261.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×