ジャパンネット銀行がすべてのネット決済に「RSA SecurID」を導入約130万人の口座保有者全員にトークン配布(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

ジャパンネット銀行がすべてのネット決済に「RSA SecurID」を導入約130万人の口座保有者全員にトークン配布(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は、ジャパンネット銀行が一部休眠口座を除いた約130万人の口座保有者全員に対し、「RSA SecurIDトークン」によるワンタイム・パスワード認証の導入を決定したと発表した。

5月ごろより順次ユーザーにトークンを配布し、9月からすべてのネット決済をトークン形式のワンタイムパスワードによる認証に統一する。インターネット専業銀行での採用は日本初、口座保有者全員への配布は世界初となる。RSA SecurIDは、1分間に1回変わる6桁の数字と個人の暗証番号を併用する二要素認証が特徴で、発行パスワードは1分後には無効になるため、パスワード盗難による不正行為や犯罪への高い防止効果が認められている。
また、PCや携帯電話、テレホンバンキング等、利用シーンを問わないという点でユーザービリティやアクセシビリティも高い。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200601261.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×