最新のインターネット脅威情報を確認できる世界地図を公開(ウェブセンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

最新のインターネット脅威情報を確認できる世界地図を公開(ウェブセンス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ウェブセンス社は1月24日、同社のセキュリティ情報分析機関「Websense Security Labs」が「Global Phishing and Crimeware Threat Map(フィッシングおよびクライムウェアの脅威情報に関する世界地図)」の提供を開始したと発表した。このマップには、同ラボが収集した最新のデータを公表するとともに、フィッシングやクライムウェア関連のWebサイトがホスティングされているインターネット上の場所について、調査履歴を表示する。

問題のあるサイトが発見されると、ラボはそのサイトのIPアドレスを参照し、発信元の国を突き止め地図上に表示する。地図のデータは、ラボが有害なサイトを発見後、約15分で更新される。ユーザは、場所や日付、脅威の種類などの区分によって検索することができる。

http://www.websensesecuritylabs.com/charts/threatmap.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×