2月よりインターネットバンキング「One'sダイレクト」にワンタイムパスワード認証を導入(三井住友銀行、RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

2月よりインターネットバンキング「One'sダイレクト」にワンタイムパスワード認証を導入(三井住友銀行、RSAセキュリティ)

株式会社三井住友銀行は、2月より日本の銀行としては初めて、同行のインターネットバンキング「One'sダイレクト」に、ワンタイムパスワードによる認証方式を導入する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社三井住友銀行は、2月より日本の銀行としては初めて、同行のインターネットバンキング「One'sダイレクト」に、ワンタイムパスワードによる認証方式を導入する。

同認証方式は、60秒ごとに同行のシステムと同じタイミングでパスワード生成する生成機(トークン)をネットバンク利用者に貸与し、それを利用して認証を行うというもの。一度認証に利用したパスワードは利用できなくなるため、スパイウェアなどによりパスワードが盗まれてしまった場合でもリスクを極小化できる。トークンにはRSAセキュリティ社の「SID700」を採用している。

料金は月額105円。申し込みはOne'sダイレクト等のサイトから。尚、8月までに申し込んだ場合は利用料が最大8ヶ月間無料となる。

http://www.smbc.co.jp/news/j600034_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×