2月よりインターネットバンキング「One'sダイレクト」にワンタイムパスワード認証を導入(三井住友銀行、RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

2月よりインターネットバンキング「One'sダイレクト」にワンタイムパスワード認証を導入(三井住友銀行、RSAセキュリティ)

株式会社三井住友銀行は、2月より日本の銀行としては初めて、同行のインターネットバンキング「One'sダイレクト」に、ワンタイムパスワードによる認証方式を導入する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社三井住友銀行は、2月より日本の銀行としては初めて、同行のインターネットバンキング「One'sダイレクト」に、ワンタイムパスワードによる認証方式を導入する。

同認証方式は、60秒ごとに同行のシステムと同じタイミングでパスワード生成する生成機(トークン)をネットバンク利用者に貸与し、それを利用して認証を行うというもの。一度認証に利用したパスワードは利用できなくなるため、スパイウェアなどによりパスワードが盗まれてしまった場合でもリスクを極小化できる。トークンにはRSAセキュリティ社の「SID700」を採用している。

料金は月額105円。申し込みはOne'sダイレクト等のサイトから。尚、8月までに申し込んだ場合は利用料が最大8ヶ月間無料となる。

http://www.smbc.co.jp/news/j600034_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×