ASP型セキュリティ対策サービス「Managed VirusScan plus AntiSpyware 3.5」の一部環境に不具合が発生(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

ASP型セキュリティ対策サービス「Managed VirusScan plus AntiSpyware 3.5」の一部環境に不具合が発生(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は、中小企業・SOHO向けのASP型セキュリティ対策サービス「Managed VirusScan plus AntiSpyware 3.5」の一部環境において、不具合が発生していたことを公表した。

製品バージョンが「3.5.0.428」のユーザーの一部にCPU使用率が100%になる不具合が発生し、PCの動作が重くなる現象が起きたとのこと。現在は不具合を修正したモジュールがアップされており、この問題は解消されている。尚、この現象はすべての「3.5.0.428」ユーザーに起こることではないため、現象が出ていないユーザーは特に対処する必要はないとアナウンスしている。不具合が発生している場合のアップグレード方法などは同社サイトに掲載されている。

http://www.mcafee.com/japan/announcement/060111_mvs35.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×