三菱東京UFJ銀行でトラブル続発、金融庁が原因報告を指示 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

三菱東京UFJ銀行でトラブル続発、金融庁が原因報告を指示

製品・サービス・業界動向 業界動向

1月4日から営業を開始した三菱東京UFJ銀行で、システムが原因のトラブルが続発している。

これを受け金融庁は、同行に原因を調査して報告するよう指示した。発生したトラブルは、「入金口座変更依頼書」に他の顧客の講座情報を記載して送付したこと、それに、海外顧客向けの株式・国債等の保管・決済業務において証券保管振替機構との照合処理の際にエラーが発生し、実行予定日の業務終了までに間に合わず決済などの処理に遅れが出たことの2件。

どちらもシステムによるトラブルが原因としている。

総合振込などに関する変更依頼書への誤記載について
http://www.bk.mufg.jp/news/news2006/pdf/news01111.pdf

非居住者向けカストディ業務に係わる事務処理遅延発生について
http://www.bk.mufg.jp/news/news2006/pdf/news01112.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×