12月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

12月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は1月10日、2005年12月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。発表によると、12月のウイルス感染被害の総報告数は7,363件で、先月の8,065件からわずかに減少した。12月にはLinuxを標的とする「ELF_KAITEN」、「ELF_KAIGENT」と呼ばれるBOTネットワークの存在が明らかになった。

「KAITEN」は2002年後半にWindowsをプラットフォームとするバックドアツールとして登場し、現在ではIRCでリモートコントロールできる機能などが追加されたBOTエージェントに進化している。これまでの不正プログラム作者は、愉快犯であるがゆえにマスを標的にする傾向が強く、Linux/UNIX環境を狙うプログラムはさほど多くなかったが、Linux/UNIX環境も安全とは言えなくなってきているとしている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2005/mvr060110.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×