ユーザ操作ログ取得機能を追加した「秘文」の新製品を発表(ハンモック、日立ソフトウェアエンジニアリング) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

ユーザ操作ログ取得機能を追加した「秘文」の新製品を発表(ハンモック、日立ソフトウェアエンジニアリング)

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は12月26日、情報漏洩防止ソリューション「秘文」MEシリーズに、新たに「秘文 ME Operation Monitor」を追加、同日より販売を開始した。価格は5,250円(税込)/1クライアント。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は12月26日、情報漏洩防止ソリューション「秘文」MEシリーズに、新たに「秘文 ME Operation Monitor」を追加、同日より販売を開始した。価格は5,250円(税込)/1クライアント。

同製品は、株式会社ハンモックのクライアントPCモニタリングソフト「Asset View HYPER」を組み込んでおり、ユーザのアプリケーション操作ログを取得/管理できることが特徴。社内のデータ資産の利用状況やユーザのアプリケーション利用状況、ファイルの作成や削除などのファイル操作の詳細状況の把握が可能となるため、不正操作の抑止強化や、万が一情報流出が発生した場合も、データの流出経路を追跡することができる。

http://www.hammock.jp/company/release/021.html
http://www.hitachi-sk.co.jp/News/News357.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×