複数のリモート・メンテナンス操作内容の記録・監査を実現する「Remote Access Auditor for Multi Session」を発売(エンカレッジ・テクノロジ) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

複数のリモート・メンテナンス操作内容の記録・監査を実現する「Remote Access Auditor for Multi Session」を発売(エンカレッジ・テクノロジ)

エンカレッジ・テクノロジ株式会社は、リモート・メンテナンス操作内容の記録・監査を実現するソフトウェア「Remote Access Auditor」に、複数同時接続機能を追加した「Remote Access Auditor for Multi Session」を発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エンカレッジ・テクノロジ株式会社は、リモート・メンテナンス操作内容の記録・監査を実現するソフトウェア「Remote Access Auditor」に、複数同時接続機能を追加した「Remote Access Auditor for Multi Session」を発売した。

同製品は、複数人が同時にリモート・メンテナンス作業を実施した際に、担当者ごとの操作内容を監査可能な連続記録として克明に残すことができる監査ソリューション。メンテナンス担当者のリモートアクセスを検知すると、画面(動画)、キーボード操作、プロセス状態、マウス軌跡、画面文字、通信ポート状態等を正確に記録し、管理者のみがアクセス可能なフォルダに暗号化して保存することが可能。
これにより、内部関係者による不正操作や情報漏洩を防止し、顧客企業とサービス提供者の信頼関係構築を支援する。
価格は231万円。

http://www.et-x.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=2&cid=1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×