UFJ銀行、メールマガジン購読者7,000人にウイルス添付メールを誤配信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

UFJ銀行、メールマガジン購読者7,000人にウイルス添付メールを誤配信

製品・サービス・業界動向 業界動向

UFJ銀行は12月16日、同行の「UFJ CHINA NEWS」にメールアドレスを登録している顧客に対し、ウイルスが添付されたメールが同行メール配信サーバより配信されていたことが判明したと発表した。添付されていたウイルスは「Worm_Netsky.P」で、約7,000名に送付された。

原因は、外部から同行のメール配信サーバに対し、ウイルス感染ユーザからと思われる不正なメール投稿が行われたためとしており、本件以外のメール配信や、その他のインターネットを利用したサービスについては今回の件とは関係ないとしている。同行では再発防止に向け、メール配信実施時のチェック機能強化などによる不正メール配信の防止を検討、実施するとしており、完了までの間「UFJ CHINA NEWS」メール配信サーバの運用を停止するという。

UFJ銀行:ウイルスが添付されたメールが配信された件について
http://www.ufjbank.co.jp/ippan/oshirase/mail_051216.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×