案内メールのCC設定ミスによるアドレス流出がフィッシングに発展 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

案内メールのCC設定ミスによるアドレス流出がフィッシングに発展

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ジェイ・エヌ・エスは12月2日、同社のシステムに不具合が発生し、顧客に告知メールを送信する際にBCCではなくCCを設定したため、405名の顧客メールアドレスが全員に確認できる状態で送信した。しかしその後、同社のWebサイトに似せたサイトに誘導、メールアドレス変更を促し個人情報を入力させようとするフィッシングメールが出回った。

同社では12月9日に、今回のフィッシング行為について正式に警察署に申立を行った。また、刑事・民事の両面で訴追していく予定だとしている。さらに、同報配信する際はBCC以外の方法では送信できないシステムを導入するとともに、責任の所在を明確にするため内部管理規程を改正、オンライントレード全般について専門に対応するオンラインサポート課を新設した。

ジェイ・エヌ・エス:個人情報漏洩に関する対応についての最終報告
http://www.jns-online.com/etc/images/keika_12-9.pdf

ジェイ・エヌ・エス:偽サイトについて
http://www.jns-online.com/etc/dummy_web.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×