「アンチウイルスメールサーバ」の新バージョンを出荷開始(ギデオン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

「アンチウイルスメールサーバ」の新バージョンを出荷開始(ギデオン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ギデオンは12月14日、主なLinuxディストリビューションに対応する「アンチウイルス メールサーバ Ver.3 Turbolinux AS 対応」を発売した。本製品は、Sun Cobalt後継機種で動作するメールサーバ用アンチウイルスソフトで、「アンチウイルス for Linux Turbolinux AS 対応」のアップグレード版となる。ウイルスをメールサーバ上で確実に検出、駆除し、感染被害の拡大を防止する。

MTA内部で動作するため、サーバのセキュリティポリシーを維持したままウイルス対策機能を追加でき、既存サーバの設定変更も不要だ。インストール作業は1分以内で行え、すぐにウイルス対策機能を利用できる。約15万種のウイルスおよび未知のウイルスに対応し、定義ファイルは1時間ごとにアップデートされる。また、ユーザごとのウイルスチェックオン・オフの設定やログの閲覧、レポートの通知などはWeb管理インタフェースから行える。

http://www.gideon.co.jp/products/av_mail_server_tlas.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×