専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフトを発売(三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフトを発売(三菱電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

三菱電機株式会社は12月12日、情報漏洩防止ソリューション「MistyGuardシリーズ」において、専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフト「MistyGuard(CRYPTOFILE LOCK for Mobile)」を12月13日より発売した。同製品は、セキュリティー用「キー」とデータ記録用の「メモリー」の機能を一体化した専用USBデバイスを用い、情報漏洩を防止するソフト。

専用USBデバイスをPCに接続すると、同メモリーにしかデータの書き込みが行えなくなり、リムーバブルディスクを利用してのデータの持ち出しなどが不可能となる。なお他のリムーバブルディスクからのデータ読み込みは制限しない。
専用USBデバイスへのアクセスはパスワード認証で制限できるほか、他のMistyGuardシリーズ製品と組み合わせ、専用USBデバイスに書き出すデータを暗号化することも可能だ。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/1212.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×