専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフトを発売(三菱電機) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフトを発売(三菱電機)

三菱電機株式会社は12月12日、情報漏洩防止ソリューション「MistyGuardシリーズ」において、専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフト「MistyGuard(CRYPTOFILE LOCK for Mobile)」を12月13日より発売した。同製品は、セキュリティー用「キー」とデータ記録用の

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
三菱電機株式会社は12月12日、情報漏洩防止ソリューション「MistyGuardシリーズ」において、専用USBデバイスを利用したファイル持出制御ソフト「MistyGuard(CRYPTOFILE LOCK for Mobile)」を12月13日より発売した。同製品は、セキュリティー用「キー」とデータ記録用の「メモリー」の機能を一体化した専用USBデバイスを用い、情報漏洩を防止するソフト。

専用USBデバイスをPCに接続すると、同メモリーにしかデータの書き込みが行えなくなり、リムーバブルディスクを利用してのデータの持ち出しなどが不可能となる。なお他のリムーバブルディスクからのデータ読み込みは制限しない。
専用USBデバイスへのアクセスはパスワード認証で制限できるほか、他のMistyGuardシリーズ製品と組み合わせ、専用USBデバイスに書き出すデータを暗号化することも可能だ。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2005/1212.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×