JAL、副操縦士の私物PCがWinnyウイルスに感染、制限区域への暗証番号などが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

JAL、副操縦士の私物PCがWinnyウイルスに感染、制限区域への暗証番号などが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

JAL(株式会社日本航空)は12月8日、同社副操縦士個人が所有するPCがWinnyウイルスに感染、同社の会社情報などが流出したと発表した。

流出した内容には、国内16空港と海外1空港の空港制限区域へ入るための暗証番号も含まれていたが、空港当局へ直ちに暗証番号の変更を依頼するとともに保安強化を実施しているという。なお、これ以上の詳細は発表されていない。

JAL:社員私物パソコンのウイルス感染による情報流出について
https://www.jal.co.jp/other/info2005_1208.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×