住宅地図帳を無断で複製、地図帳を作成し配布していた男性を逮捕 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

住宅地図帳を無断で複製、地図帳を作成し配布していた男性を逮捕

製品・サービス・業界動向 業界動向

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、栃木県警生活環境課と宇都宮南署は12月7日、権利者に無断で複製した住宅地図を頒布していた栃木県宇都宮市の自営業男性(59歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

この男性は本年3月中旬頃、(株)ゼンリンが著作権を有する栃木県上三川町の住宅地図帳を無断で複製し、同様の住宅地図帳を発行、頒布していた。また、地図に掲載されている商店などから集めた広告を有償で掲載し、地図帳を発行していた。この地図帳は、主に広告を掲載した商店などに、無償で配布されていた。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×