秋葉原の路上で海賊版ゲームソフトを販売していた男性を逮捕 | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

秋葉原の路上で海賊版ゲームソフトを販売していた男性を逮捕

 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁生活経済課と本富士署は11月27日、東京・秋葉原の路上で権利者に無断で複製された「ゲームボーイアドバンス」用のゲームソフトを、頒布する目的で所持していた横浜市のアルバイト男性(34歳)を著

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁生活経済課と本富士署は11月27日、東京・秋葉原の路上で権利者に無断で複製された「ゲームボーイアドバンス」用のゲームソフトを、頒布する目的で所持していた横浜市のアルバイト男性(34歳)を著作権侵害の疑いで現行犯逮捕した。

 海賊版として販売されていたゲームソフトは、正規品の場合、1タイトル4,000円程度で販売されているが、この男性は約700タイトルを1枚のDVD-Rに記録し、8,500円で販売していた。また、男性は海賊版ソフトをゲームボーイアドバンスで稼働させるための中国製のカートリッジなども併せて販売していた。警察の調べによると、男性は生活費を稼ぐため、海賊版ソフトの販売をしていたと供述しているという。

ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×