Linux向けのメールフィルタリングソフトをバージョンアップ(NECソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

Linux向けのメールフィルタリングソフトをバージョンアップ(NECソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 NECソフト株式会社は11月24日、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」のLinux版をバージョンアップし「GUARDIANWALL V6.0 for Linux」として同日より販売開始すると発表した。これまで、キヤノンシステムソリューションズ株式会社がSolaris版として開発・販売している「GUARDIANWALL」を両社でLinux上に移植し、販売していた。今回、これがバージョンアップされた。

 新バージョンでは、分散構成でのログの集中化や保存機能の強化が行われた。また、管理GUI画面を刷新し、「GUARDIANWALL」およびWeb情報セキュリティ管理ツール「WEBGUARDIAN」の運用管理部分の共通化を推進、両製品を使用するユーザの使い勝手を向上した。価格は、50ユーザで120万円(税別)からとなっている。

http://www.necsoft.co.jp/press/2005/051124.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×