PayPalのフィッシングサイトを確認、検知ソフトをだます手法 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

PayPalのフィッシングサイトを確認、検知ソフトをだます手法

製品・サービス・業界動向 業界動向

11月14日、米国の大手電子マネー運営サイト「PayPal」のフィッシングサイトが確認された。

PayPalはこれまでも毎日のようにフィッシングサイトが確認されているが、今回確認されたサイトは正式なPayPalサイト( http://www.paypal.com )へのリンクが一切存在していない。
このため、フィッシングサイト検知ソフトをだますことが可能と思われる。サイトへはメールによって誘導され、メールアドレスとパスワードを入力させ、入手しようとする。

フィッシング対策協議会
http://www.antiphishing.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×