低価格な不正アクセス監視サービスの提供を開始(三井物産セキュアディレクション) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

低価格な不正アクセス監視サービスの提供を開始(三井物産セキュアディレクション)

三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は10月27日、企業ネットワークに対する外部からの不正アクセスを監視するサービス「不正アクセス監視サービス ライト」の発売を同日より開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は10月27日、企業ネットワークに対する外部からの不正アクセスを監視するサービス「不正アクセス監視サービス ライト」の発売を同日より開始したと発表した。

同サービスは、MBSDの不正アクセス監視サービスの経験と実績に基づき、不正アクセス監視における課題でもある「大量のアラート処理」と「難解なアラートの内容把握」を支援。
大量のアラート処理については、ユーザ向けに提供するWebポータルから、自社向けのセキュリティレベル設定を行うことで、確認対象アラートのレベルや数量をカスタマイズすることができるため、管理者の負担が軽減できる。
また、難解なアラートの内容把握については、Webポータルから日本語による詳細内容からインシデントの内容を理解し、的確な対応を行えるようになる。

http://www.mbsd.jp/pdf/1130380627_5718.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×