QRコードとワンタイムパスワードを採用したカード偽造防止の新技術(デジソニック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

QRコードとワンタイムパスワードを採用したカード偽造防止の新技術(デジソニック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社デジソニックは10月13日、偽造不可能なクレジットカードやキャッシュカードの新技術として、QRコードとワンタイムパスワードを採用した「QRickカード・システム(仮称)」を開発、11月から本格的な事業化に着手すると発表した。

同システムは、二次元バーコード・リーダーでカードに表示されているQRコードを読み取り、読み取った認証サーバのURLからインターネットにアクセス、サーバの認証を得て、商品購入や各種サービスを受けることができるもの。
表示のQRコードは約五秒毎に、認証サーバも同様に自動変更され、それぞれに製造段階で登録された共通の暗号キーが一致すれば認証される。
なおQRickカードは、一般の銀行カードやクレジットカードと同サイズで厚さも0.75ミリ。QR表示部には電子ペーパーの採用を予定している。

http://www.digisonic.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×