bot感染PCは主に日本を含む東アジアで約5割、警察庁が観測結果を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

bot感染PCは主に日本を含む東アジアで約5割、警察庁が観測結果を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

警察庁「@police」は10月25日、サイバーフォースセンターの観測システムで把握したbotnetの観測結果について発表した。

発表によると、本年1月1日から6月30日までの間に観測された接続bot数は1,285,247台で、このうち日本は144,512台(約11%)であった。
指令サーバが多かったのはアメリカ合衆国で234アドレス、また、日本でも93アドレスとかなり多い。
日本国内のbot感染PCおよび指令サーバは、記録されているドメインから個人ユーザと推測されるものが多かったという。
DoS攻撃を受けた(対象)国で最も多いのはアメリカ合衆国で、全体の5割を占めている。
日本への攻撃は、3,531件中、7件とかなり少なかった。

警察庁:平成17 年上半期(1〜6 月)におけるbotnet 観測システム観測結果
http://www.cyberpolice.go.jp/detect/pdf/20051025_botnet.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×