「書き込み/削除が行えない」USBフラッシュメモリーを開発(イーディーコントライブ) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

「書き込み/削除が行えない」USBフラッシュメモリーを開発(イーディーコントライブ)

イーディーコントライブ株式会社は、株式会社バッファローと協力し、通常時に書込みや削除が出来ないUSBフラッシュメモリ「SSM(Secure System Memory)」を開発、SSMを利用した暗号化プログラムを搭載するセキュリティプロダクト「Safety Disclosure Container(仮称)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
イーディーコントライブ株式会社は、株式会社バッファローと協力し、通常時に書込みや削除が出来ないUSBフラッシュメモリ「SSM(Secure System Memory)」を開発、SSMを利用した暗号化プログラムを搭載するセキュリティプロダクト「Safety Disclosure Container(仮称)」を12月に発売予定だと発表した。

SSMは、内蔵のオリジナルチップを制御するAPIにより、データ書込みやデータ削除の可否を決定することができる製品。
USBフラッシュメモリ内の暗号化プログラムを経由しないとデータの書込みが不可能となるほか、権限付きユーザでも利用できるという汎用性も装備する。

http://www.ed-contrive.co.jp/html/new_info/pressreleases/051025.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×