危険性のあるPCを隔離するネットワーク検疫ソリューションを開発(野村総合研究所、NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

危険性のあるPCを隔離するネットワーク検疫ソリューションを開発(野村総合研究所、NRIセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社野村総合研究所(NRI)とNRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は10月26日、共同でネットワーク検疫ソリューションを開発、NRIセキュアのPCセキュリティ総合管理ソリューション「SecureCube / PC Check」の検疫オプション「LAN-Blocker」として同日より発売を開始したと発表した。

同オプションは、ノートPCなどがネットワーク接続した際に、セキュリティポリシーに基づいてセキュリティ状況と設定をチェックし、ポリシーに満たないPCを個別に警告・遮断できるもの。
なお、ポリシーを満たしていない場合、隔離状態を保ったまま検疫ネットワークのみ接続可能なほか、検疫ネットワーク上では必要な対策を施すことができるため、対策済みのPCは再度ポリシーチェックを行うことで、組織LANへの接続許可を得ることができる。

http://www.nri-secure.co.jp/news_alert/news_release/05_10_26.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×