沖縄県労働金庫、個人情報が記載された公金の「領収済通知書」を紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.14(火)

沖縄県労働金庫、個人情報が記載された公金の「領収済通知書」を紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

沖縄県労働金庫は10月19日、幹事金融機関から自治体へ納付する公金の「領収済通知書」5通の紛失が判明したと発表した。

これは、同金庫具志川支店の職員が同通知書を「収納金証票授受簿」にはさんだ状態で返却を受け、帰店後に確認したところ紛失に気づいたというもの。
「領収済通知書」には、納付者の住所、氏名、納付額(1通については、子供の氏名、幼稚園名)が記載されていた。

同金庫では、徹底した調査を行っているものの、発見には至っていないとしている。また、該当者にお詫びと事情の説明、今後の対策などを説明している。

沖縄県労働金庫:お客様情報の紛失について
http://www.okinawa-rokin.or.jp/pdf/oshirase2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×