連邦政府、スパイウェアを配布した企業を提訴 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

連邦政府、スパイウェアを配布した企業を提訴

米国で連邦取引委員会(FTC)がスパイウェアをインストールしていた企業を提訴。規制に乗り出した。

国際 海外情報
米国で連邦取引委員会(FTC)がスパイウェアをインストールしていた企業を提訴。規制に乗り出した。

提訴を受けたのはニューハンプシャーにあるオデュッセウス・マーケティングと同社社長のウォルター・ラインズ。オデュッセウス・マーケティングは不特定多数の個人が、情報をやりとりするためのKazanonといわれるP2Pソフトを一般向けに提供していた。

P2Pソフトで有名なものはWinny やNapsterがある。インターネットでコンピュータをつなぎ、自由に、匿名でファイルを転送する機能を持った、ファイル共有のためのソフトで、これを利用して人気の音楽ファイル(mp3)やテレビドラマ、映画などを交換できることからとても人気が高い。

KazanonもP2P機能を持ち、利用者のPCを匿名化。著作権侵害で起訴されることなく隠れて音楽などのファイルをダウンロードや交換できるとされていた。オデュッセウス・マーケティングは同社のウェブサイトで、無料のKazanonをインストールするとPCを匿名化することができ、追跡される心配がないと謳っていた。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×