東京スター銀行、約453件の個人情報が記録されたPCが所在不明に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

東京スター銀行、約453件の個人情報が記録されたPCが所在不明に

東京スター銀行は10月7日、PC1台が所在不明であることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
東京スター銀行は10月7日、PC1台が所在不明であることが判明したと発表した。

これは9月30日から10月2日にかけて同行で行われたオフィスレイアウト変更および所属員の席替えの作業中に所在不明になったもので、このPCには約453件の法人融資取引に伴う個人保証人(会社代表者)などの氏名、住所、生年月日などが含まれていた。
同行では、盗難の可能性も含めて所在の確認作業を全力で行っているという。

東京スター銀行:お客さま情報が保存された業務用パソコンの所在不明について
http://www.tokyostarbank.co.jp/profile/pdf/051007.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×