デジタル複合機セキュリティ実装にRSA BSAFEを採用(RSAセキュリティ、キヤノン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

デジタル複合機セキュリティ実装にRSA BSAFEを採用(RSAセキュリティ、キヤノン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は10月6日、キヤノン株式会社のデジタル複合機「imageRUNNER」シリーズのセキュリティ機能実装に、RSA BSAFE暗号化ツールキットが採用されたと発表した。

同シリーズ製品には、スキャナ、印刷、ファイル送信それぞれに個人情報や機密情報を保護する機能が搭載されているが、RSA BSAFE暗号化ツールキットを採用したことにより、RSAセキュリティが開発したRC4やRC5などの暗号アルゴリズムのほかにDESやAESなどにも対応、OSやCPUへの最適化や処理の高速化を実現する。
採用の決め手は、RSAセキュリティの暗号化技術およびRSA BSAFE暗号化ツールキットがセキュリティ実装SDKのデファクト・スタンダードとして評価されたことと、ツールキットの高い品質による信頼性だったとしている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200510061.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×