E3ネットワークスと三井物産セキュアディレクションが合併(三井物産、E3ネットワークス、三井物産セキュアディレクション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

E3ネットワークスと三井物産セキュアディレクションが合併(三井物産、E3ネットワークス、三井物産セキュアディレクション)

製品・サービス・業界動向 業界動向

三井物産株式会社、E3ネットワークス株式会社、三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は、E3ネットワークスとMBSDが2005年11月1日をもって対等合併すると発表した。

存続会社はE3ネットワークス、新会社名は三井物産セキュアディレクション株式会社。三井物産はベンチャー企業を中心とした海外IT企業と提携するなど、積極的な事業展開を行ってきた。
そして、ITマネジメントと情報セキュリティについて両分野の社内プロジェクトを分社化する形で、2001年3月にE3ネットワークス、2004年7月にMBSDを設立。
E3ネットワークスはシステム運用管理において豊富な構築実績があり、またMBSDは情報セキュリティに特化した技術力をもつ。今回の合併により、それぞれの専門性をより深いレベルで融合させ、一層のビジネス機会拡大を目指す。

http://www.mitsui.co.jp/tkabz/news/2005/051006.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×