西部ガス、協力会社従業員が顧客情報記載リストを持ち出し紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

西部ガス、協力会社従業員が顧客情報記載リストを持ち出し紛失

西部ガスは9月28日、同社の協力会社の従業員が顧客情報が記載されたリストを社外に持ち出し、紛失するという事態が発生したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
西部ガスは9月28日、同社の協力会社の従業員が顧客情報が記載されたリストを社外に持ち出し、紛失するという事態が発生したと発表した。

これは、同社がガス料金などの収受、ガスの開閉栓などの業務を委託し、ガス機器の販売・修理などを行っている株式会社ホームテックの従業員が9月16日、営業巡回目的で顧客情報が記載されたリスト2枚を事務所から持ち出し、営業巡回終了後に帰社したところ、リストを紛失したことに気付いたというもの。

同従業員が巡回先などを探したが発見できなかったという。紛失したリストには、顧客128件分の住所、氏名、電話番号、業種、ガスコンロの製造年月、開栓年月日の情報が記載されていた。

西部ガス:お客さま情報の紛失について
http://www.saibugas.co.jp/info/kouhou/htmls/nr356.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×