ワンタイムセキュリティボードを機能拡張、ログインパスワードも安全に(イーバンク銀行) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

ワンタイムセキュリティボードを機能拡張、ログインパスワードも安全に(イーバンク銀行)

イーバンク銀行株式会社は9月28日、スパイウェア対策に効果のある、英数字がランダムに表示される変換表「ワンタイムセキュリティボード」の機能を拡張したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
イーバンク銀行株式会社は9月28日、スパイウェア対策に効果のある、英数字がランダムに表示される変換表「ワンタイムセキュリティボード」の機能を拡張したと発表した。

セキュリティボードは、ユーザがログインパスワードの代わりにPC画面に表示されるボードを参照し、該当英数字を入力できるというもの。
英数字の組合せは、取引ごとにランダムに表示されるため、万一スパイウェアなどがPCに侵入し該当する英数字を盗まれても、次回以降は使用不可能となる。

今回の拡張では暗証番号だけでなく、ログイン時のログインパスワード(6桁から12桁の英数字)入力にも画面上へ表示されるようになった。
また、キーボードからの入力方法に加え、セキュリティボードをマウスでクリックして入力することも可能となった。

http://www.ebank.co.jp/kojin/news/press/2005_09_28.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×