Realplayer/Helix Playerにセキュリティホールを発見(FrSIRT) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

Realplayer/Helix Playerにセキュリティホールを発見(FrSIRT)

フランスのSIRTであるFrSIRTは9月26日、米RealNetworksのLinux/Unix版の音声/動画再生ソフト「Realplayer」と「Helix Player」にセキュリティホールが見つかったと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
フランスのSIRTであるFrSIRTは9月26日、米RealNetworksのLinux/Unix版の音声/動画再生ソフト「Realplayer」と「Helix Player」にセキュリティホールが見つかったと発表した。

深刻度は「Critical」。同2製品にはフォーマットストリング攻撃を受ける脆弱性が存在し、細工を施した不正な「.rp」「.rt」形式のメディアファイルを読み込むことで、リモートから任意のプログラムを実行される可能性があるという。

なお、RealNetworksではRealPlayerで発見された4点のセキュリティホールを修正するパッチを同年6月に公開しているが、現在新パッチは公開されていない。

http://www.frsirt.com/exploits/20050926.helix4real.c.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×