インターネットセキュリティ脅威レポート第8号発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

インターネットセキュリティ脅威レポート第8号発表(シマンテック)

株式会社シマンテックは9月27日、インターネットセキュリティ脅威レポート第8号を発表した。 同レポートは半年に1回発表されるもので、今回は2005年1月1日から6月30日までの期間のレポートとなっている。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シマンテックは9月27日、インターネットセキュリティ脅威レポート第8号を発表した。
同レポートは半年に1回発表されるもので、今回は2005年1月1日から6月30日までの期間のレポートとなっている。

今期は、金銭獲得を目的とした悪意のあるコードが増加したほか、企業ネットワークの境界部ではなくデスクトップを狙う傾向がさらに強まったとしている。
また、秘密情報をさらしてしまう脅威については、報告件数上位50件のうち74%となり、前期(2004年下半期)の54%から上昇している。

この種の脅威は、特にクレジットカード情報や銀行取引の情報漏洩が起こった際には膨大な金銭的損失につながる恐れがり、オンラインショッピングやインターネットバンキングが普及するにつれて、このような懸念が一層強まっているといえる。

http://www.symantec.com/region/jp/news/year05/050927.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×