EDI標準に準拠したセキュアなインターネットデータ交換ソフトを発売(インテック) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

EDI標準に準拠したセキュアなインターネットデータ交換ソフトを発売(インテック)

株式会社インテックは、インターネットを介してセキュアなデータ交換を実現できる通信ソフトウェア「B-ixServ(ビックスサーブ)AS2 Connector」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インテックは、インターネットを介してセキュアなデータ交換を実現できる通信ソフトウェア「B-ixServ(ビックスサーブ)AS2 Connector」の販売を開始した。

同ソフトは、これまで公衆回線網を使って行われていた電子商取引(EDI)を、インターネット上へ置き換えることを可能にするもので、盗聴、改ざん、成りすまし等の対策として、暗号化、電子署名といった機能を搭載したもの。
インターネットのEDI標準「EDIINT AS2」に準拠しており、ファイル連携、FTP連携、外部コマンド連携などの機能によって、基幹システムとの連携も可能。価格は40万円から。

http://www.intec.co.jp/news/pdf/050916.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×