秘密分散技術を搭載した情報漏洩対策アプリケーションの新版を発表(シーフォーテクノロジー) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

秘密分散技術を搭載した情報漏洩対策アプリケーションの新版を発表(シーフォーテクノロジー)

株式会社シーフォーテクノロジーは9月16日、Windowsに対応した情報漏洩対策ソフトウェア「CRYPTYシリーズ」の第4弾として、秘密分散技術を搭載したアプリケーション「CRYPTY S」を10月3日より発売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シーフォーテクノロジーは9月16日、Windowsに対応した情報漏洩対策ソフトウェア「CRYPTYシリーズ」の第4弾として、秘密分散技術を搭載したアプリケーション「CRYPTY S」を10月3日より発売開始すると発表した。

本製品は、対象となるデータを3つのデータに分散化することが特徴となっている。これらの分散化データ3つ全て揃えないと、元データを復元できない。分散化と復元の作業はドラッグ&ドロップで行うことができ、同時に安全性を確保できるため、情報保護ツールとして高い有用性を持っている。

また3つに分散化されたデータのうちの1つについては、データのサイズ指定により1MB未満にすることもできるため、メール添付でのデータ送信にも利用できる。さらに、元データに復元する際に改ざん検知機能も働くため、安心して利用できる。価格は10ライセンスで105,000円。

http://c4t.jp/news/press/2005/press_20050916.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×