メール/フィッシング対策ソリューションを提供開始(ラック) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

メール/フィッシング対策ソリューションを提供開始(ラック)

株式会社ラックは9月20日、カナダSynaptive Solutions社製「Lyris MailShield Server 4.2 日本語版」の国内販売代理店としてSynaptiveと契約を締結、10月1日より同製品を出荷開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは9月20日、カナダSynaptive Solutions社製「Lyris MailShield Server 4.2 日本語版」の国内販売代理店としてSynaptiveと契約を締結、10月1日より同製品を出荷開始すると発表した。

参考価格は、100ユーザーにつき56万3000円から。同製品は、迷惑メールやフィッシングから情報を保護できるサーバベースのエンタープライズ向けソフト。高度なAI技術や学習機能、異なる4種類の迷惑メール検知エンジンにおける30万以上のアルゴリズムを採用している。今後両社は共同で、日本国内においてメールセキュリティに対するソリューションの販売促進や新ソリューションの開発を行っていく計画だ。

http://www.lac.co.jp/news/pdf/20050920.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×